「 kaikei 」一覧

スポンサーリンク
売上高(営業収益) – 勘定科目・仕訳例

売上高(営業収益) – 勘定科目・仕訳例

売上高(うりあげだか)は、商品・製品やサービスを販売して得た代金を計上します。ただし、全ての売上を売上高で計上するわけではなく、売上の種類に...

記事を読む

前渡金(その他流動資産) – 勘定科目・仕訳例

前渡金(その他流動資産) – 勘定科目・仕訳例

前渡金(まえわたしきん)は、商品やサービスを受け入れる前に代金の一部を前払いした金額を計上します。 雑誌等の定期購読や事務所の賃料など...

記事を読む

貯蔵品(棚卸資産) – 勘定科目・仕訳例

貯蔵品(棚卸資産) – 勘定科目・仕訳例

貯蔵品(ちょぞうひん)は、切手・収入印紙・事務用品・燃料等の未使用分を決算時に資産計上する際に使用します。 大量の切手類等を購入して経...

記事を読む

商品(棚卸資産) – 勘定科目・仕訳例

商品(棚卸資産) – 勘定科目・仕訳例

商品(しょうひん)は、期末に売れ残った在庫商品分の仕入高を資産として計上します。 通常、販売用の商品を仕入れた際は全額を仕入高(費用)...

記事を読む

小口現金(当座資産) – 勘定科目・仕訳例

小口現金(当座資産) – 勘定科目・仕訳例

小口現金(こぐちげんきん)は、日常の細かい経費の支出のために、用度係が通常の現金と分けて管理し従業員に前渡しする少額の現金のことを指します。...

記事を読む

売掛金(当座資産) – 勘定科目・仕訳例

売掛金(当座資産) – 勘定科目・仕訳例

売掛金(うりかけきん)は、商品や製品の販売やサービスの提供を掛取引(かけとりひき)とした場合にその未収の代金債権を資産として計上します。 ...

記事を読む

受取手形(当座資産) – 勘定科目・仕訳例

受取手形(当座資産) – 勘定科目・仕訳例

受取手形(うけとりてがた)は、主たる営業活動において他社が振り出した手形を受け取った時に計上します。 受取手形は商品・サービスの対価や...

記事を読む

当座預金(当座資産) – 勘定科目・仕訳例

当座預金(当座資産) – 勘定科目・仕訳例

当座預金(とうざよきん)は、小切手や手形の決済に利用する当座預金を計上します。当座預金は無利息の決済用預金です。ゆうちょ銀行では振替口座が該...

記事を読む

普通預金(当座資産) – 勘定科目・仕訳例

普通預金(当座資産) – 勘定科目・仕訳例

普通預金は、銀行や信用金庫などの普通預金口座の預金を計上するのに使います。通常の金融機関では普通預金通帳・総合口座通帳・通常貯金などの記載が...

記事を読む

長期貸付金(投資その他の資産) – 勘定科目・仕訳例

長期貸付金(投資その他の資産) – 勘定科目・仕訳例

長期貸付金(ちょうきかしつけきん)は、返済期日の到来が1年を超える貸付金を計上します。1年以内の場合は短期貸付金(資産)勘定を使います。 ...

記事を読む