貸倒引当金戻入(かしだおれひきあてきんもどしいれ)

概要

個人事業主法人

貸倒引当金戻入(かしだおれひきあてきんもどしいれ)は、
貸倒引当金(資産)が前期末より減少した場合に同額を特別利益として計上します。

⇒ 詳細は貸倒引当金(資産)に記載しています。

前期と比較して貸倒引当金が減少した場合に計上する

売掛金等の金銭債権が減少した場合、貸倒引当金の金額も減少するため
前期末と比較して減少した差額分を貸倒引当金戻入(利益)として計上します。

貸倒引当金戻入(利益)勘定は
前期末において貸倒引当金が計上されていることが前提ですので、
前期末において貸倒引当金がゼロの場合や創業初年度の期末の場合は
貸倒引当金戻入は使用しません。

貸倒引当金が増加した場合

前期末と比較して当期末の貸倒引当金が増加した場合、
貸倒引当金繰入(費用)勘定で処理します。

仕訳例

▼当期末の貸倒引当金として10万円を計上した。なお、前期末の貸倒引当金は15万円であった。

借方科目 貸方科目
貸倒引当金 50,000円 貸倒引当金戻入 50,000円
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です