未収入金(みしゅうにゅうきん)

概要

個人事業主法人

通常の営業活動以外の取引で生じた未収入額や、
通常の営業活動で生じた売掛金以外の未収入額を計上します。

未収入金となるもの

通常は固定資産・有価証券・作業くずの売却時に発生します。

未収入金とならないもの

通常の営業活動において、
掛取引や後払いで売り上げた商品・サービスの代金は
売掛金(資産)勘定で処理します。

また、通常の営業活動以外において
契約に基いて継続して役務を提供している場合に生じた未収入額は
未収収益(資産)勘定で処理します。

代表的なものでは、
家賃・地代・利息の未収入分が挙げられます。

仕訳例

▼会社の書籍やダンボールをまとめて古紙回収業者に1,000円で売却した。代金は後日振り込まれることとなった。

借方科目 貸方科目
未収入金 1,000円 雑収入 1,000円

▼上記の事案において、後日A銀行普通預金口座に1,000円から振込手数料150円を差し引いた850円が入金された。

借方科目 貸方科目
普通預金(A銀行)
支払手数料
850円
150円
未収入金 1,000円

▼社有車(簿価30万円、直接法により減価償却していた)を産廃業者に鉄くずとして2万円で売却し、代金は後日振り込まれることとなった。

借方科目 貸方科目
未収入金
固定資産売却損
20,000円
280,000円
車両運搬具 300,000円

借方科目 貸方科目

借方科目 貸方科目

借方科目 貸方科目
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です