当座預金(当座資産) – 勘定科目・仕訳例

当座預金(とうざよきん)は、小切手や手形の決済に利用する当座預金を計上します。当座預金は無利息の決済用預金です。ゆうちょ銀行では振替口座が該当します。

小切手や手形は特にIT系企業においてはあまり使われなくなりましたので、当座預金口座を持たない企業も増えてきています。

スポンサーリンク

詳細

小切手の振り出し

小切手や手形で取引先等に支払いをすると、取引先はその手形や小切手を銀行に持ち込んで支払いを受けます。それにより当座預金から残高が引き出されます。

したがって、小切手を振り出した場合は当座預金の減少で処理します。

先日付小切手(さきひづけこぎって)を振り出した場合

先日付小切手を振り出した場合、当事者間の合意・商習慣上は振出日に記載した将来の日付(先日付)以降に受取人は支払いを受けられるということになります。

したがって、将来の一定の期日に支払いを受けることの出来る受取利息と類似するため、受取利息勘定で処理します。

先日付小切手であっても法的には振出日以前に支払を受けることはできますが、実際には銀行が取り扱いを拒むことが多いため、即時換金性があるとは言えませんので、現金勘定は使わないほうがいいでしょう。

約束手形の振り出し

約束手形は将来の一定の期日(満期日)に支払いを受けることが出来る証券です。

約束手形を振り出した際は支払手形(負債)勘定で計上し、支払期日になったら支払手形勘定を減少させて当座預金勘定の減少で処理します。

当座借越

当座借越契約を行うと、当座預金の残高が不足している場合に自動的に借入を行います。これを当座借越(とうざかりこし)といい、銀行側からは当座貸越(とうざかしこし)と呼ばれます。

当座借越は一時的な借入金ですので、帳簿上は当座預金残高をマイナスにするのではなく短期借入金(負債)勘定で計上します。

仕訳例

▼A銀行の当座預金口座を開設し、現金で50万円を預け入れた。

借方科目 貸方科目
当座預金(A銀行) 500,000円 現金 500,000円

▼事務用品(消耗品費)を3万円分購入し、A銀行の小切手で支払った。

借方科目 貸方科目
消耗品費 30,000円 当座預金(A銀行) 30,000円

▼商品の仕入代金15万円を小切手で支払おうとしたが、A銀行の当座預金残高が不足していたので小切手の振出日に10日後の日付を記載することを取引先と同意し、先日付小切手を振り出した。

借方科目 貸方科目
仕入高 150,000円 支払手形 150,000円

▼上記の事案において、先日付小切手に記載した振出日が到来し、A銀行から15万円が引き落とされた。

借方科目 貸方科目
支払手形 150,000円 当座預金(A銀行) 150,000円

▼商品30万円分を仕入れ、代金はA銀行の手形を振り出して支払った。

借方科目 貸方科目
仕入高 300,000円 支払手形 300,000円

▼上記の事案において、手形の期日が到来してA銀行当座預金口座から30万円が引き落とされた。

借方科目 貸方科目
支払手形 300,000円 当座預金(A銀行) 300,000円

▼手形の期日が到来して残高50万円のA銀行当座預金口座から70万円が引き落とされた。なお、当社はA銀行と当座借越(当座貸越)契約を締結している。

借方科目 貸方科目
支払手形
当座預金(A銀行)
700,000円
200,000円
当座預金(A銀行)
短期借入金
700,000円
200,000円

支払手形を分割する次のような仕訳も結果は同じです。

借方科目 貸方科目
支払手形
支払手形
500,000円
200,000円
当座預金(A銀行)
短期借入金
500,000円
200,000円
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です