通貨代用証券は現金勘定(当座資産)で処理します

通貨代用証券(つうかだいようしょうけん)は、現金として扱っても問題ないほどに即時換金性のある証券のことです。

会計上は現金(資産)として扱います。いつでもすぐ現金にできる以上、現金として扱っても問題ないからです。逆に言えばすぐ現金にできなければ(=即時換金性がない)、通貨代用証券とはいえません。

スポンサーリンク

詳細

証券の意味

証券とは財産上の権利・義務に関する記載がなされた書面のことを指します。

一般的に証券といえば株式会社の出資者の持ち分を表す株券(株式)を指すことが多いですが、株券は証券の中でも有価証券の一部を構成するもので、広い意味での証券は小切手・手形・預り証・金券など数多くあります。

通貨代用証券の例

他人振出小切手(先日付小切手を除く)

小切手(こぎって)は、銀行に持って行ったら現金をもらえる証券です。例えば1000万円を代金として支払ってもらうときに、買主が1000万円を運んできて、売主がそれを持ってかえるのは危険です。そこで小切手という金券にして渡すわけです。

他人振出(たにんふりだし)とは、他人が振り出した(作成した)小切手ということです。他の人が作った小切手をもらったら、いつでも銀行に持っていけば現金が手に入るので現金として扱おう!ということです。

では自分で作った小切手はどうでしょうか?まず、手形を振り出した時点で未渡小切手(みわたしこぎって)となり、相手に渡した小切手が何らかの事情で再び自分のところに戻ってくると自己振出小切手(じこふりだしこぎって)となります。

この未渡小切手は振り出した時点で当座預金を減少させる仕訳をしているため、これが決算まで放置されると問題になります。当座預金は未だに減っていないからです。したがって、その時は振り出し時の仕訳を逆仕訳して当座預金(資産)の増加で処理します。

自己振出小切手も同様に、本来は相手が使用して当座預金が減少するはずだったところを、自分の手元に戻ったことによって当座預金残高の減少を免れたため、当座預金(資産)の増加とします。未渡小切手・自己振出小切手共に当座預金を増加させることになるため、他人振出小切手と区別する必要があります。

では先日付小切手(さきひづけこぎって)はどうでしょうか?通常、小切手は受け取ってすぐに現金化できます。しかし、小切手を振り出した人が、振り出した日にあいにく当座預金の残高が少なくて「今日現金化されたら困る!」という場合に、小切手の振出日の記載に将来の日付を入れることがあります。これは、「その日付まで現金化しない」という合意の意味があります。

このような先日付小切手を金融機関に持ち込むと記載された振出日より前の支払いを断られることが多いため、即時換金性があるとはいえません。したがって、先日付小切手は将来現金化できる手形に近い誠実があるため受取手形(資産)として計上します。

郵便為替証書(ゆうびんかわせしょうしょ)

ゆうちょ銀行・郵便局が発行する為替証書で、記載した受取人のみが窓口で現金化できます。

普通為替(ふつうかわせ)と定額小為替(ていがくこがわせ)があります。どちらも受け取った時点で現金(資産)として計上します。

期限到来後の公社債利札(こうしゃさいりふだ)

公社債利札は公債・社債の利息の受取証書です。これも期限が到来すれば即時現金化できますので、期限が到来した時点で現金(資産)として計上します。

期限が到来する前の公社債は価値はないため仕訳は不要です。

その他の通貨代用証券

  • 預金手形
  • 税金の還付通知書・支払通知書
  • 株式の配当金領収書
  • トラベラーズチェック(TC/旅行小切手)

他にもいくつかありますが、通常使用することはまずありませんので省略します。即時換金性のあるものは現金として扱うものが多いということだけ覚えておきましょう。

仕訳例

▼取引先へ3,000円の商品を販売・納品し、代金として取引先発行の小切手(本日付)を受け取った。

借方科目 貸方科目
現金 3,000円 売上高 3,000円

▼取引先に掛売りした商品の代金2,000円を小切手で受け取った。なお、受け取った日付は12月1日であり、小切手の日付には12月10日と記載されていた。

借方科目 貸方科目
受取手形 2,000円 売掛金 2,000円

※取引先が小切手の換金を遅らせるために先日付(小切手の受領時より後の日付が記載されている)小切手を発行した場合、受取り側は期日が到来するまでは受取手形(資産)勘定で処理し、日付が到来したら現金勘定に振り替えます。

▼上記の小切手を受け取ってから12月10日が到来した。

借方科目 貸方科目
現金 2,000円 受取手形 2,000円

▼上記の小切手を12月11日に銀行で換金した。

借方科目 貸方科目
仕訳なし 仕訳なし

※通貨代用証券を現金化しても、勘定科目はいずれも現金のため仕訳は不要です。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です